水素水とは?

「水素豊富水」と呼ばれ、溶存水素量0.08ppm以上の条件を満たしたものを「水素水」としています。
水素水とは、学術的には「水素豊富水」と呼ばれています。 水の中に一定以上の水素を含んだものを指しています。 水素濃度を示す単位には「ppm(1,000ppb=1ppm)」が使われており、“水素水”として販売されているものは、このppmで溶存水素量を記載しているものがほとんどです。 しかし、一般的に市販されている商品の中には、十分な溶存水素量を満たしていないものもあることから、分子状水素医学シンポジウムでは、水素水における溶存水素量0.08ppm以上の基準を満たしたものを「水素水」とする基準を設けました。

水素水ってカラダにいいの?

老化やさまざまな病気の原因とされる「活性酸素」を消去するアンチエイジング効果が期待できます
水素水には、特徴的な成分である「活性水素」が含まれています。 「活性水素」は、人間の体内において細胞を酸化させるとされる「活性酸素」を除去する作用があるとされています。「活性酸素」は細胞を老化させると言われ、お肌のトラブルや生活習慣病などの原因のひとつとされていますので、「活性水素」を含む水素水を飲むことにより、アンチエイジング効果が期待できます。 また、水素自体は厚生労働省が食品添加物として認可しているものですので、過剰な摂取による副作用といった心配がありませんので、安全・安心に摂取していただけます。

どんな水素水を選べばいいの?

水素水に含まれる溶存水素量が表示されたもので、その値が1.57ppm以上のものを選びましょう!
水素水に含まれる溶存水素量については、その数値が厳密に規定されているわけではありませんので、できれば明確に表記されている製品を選ぶことをオススメします。 ただ、水素は高い圧力をかければ、どれだけでも水中に溶け込ませることができますので、極めて高濃度の水素水を製造することも可能です。しかし、あくまでもそれは製造時の溶存水素量であって、実際に飲む際には常気圧状態のはずですので、その辺は数字に惑わされないようにしなくてはなりません。 溶存水素量の常気圧での限界値は1.57ppmと言われています。つまり、飲む際に容器のフタを開けた瞬間に1.57ppm以上の水素はすぐに逃げてしまうということになりますので、溶存水素量は1.57ppmあれば十分な濃度と言えます。

水素水の選び方

飲む時点で1.0ppm以上の水素濃度を保っていることが最重要ポイント!

水素水と水素豊富水の区別

電解水素水なども水素水ですが、水素濃度が低く、水素水の効果は水素を多く補給することに意味がありますので、水素豊富水(1.0~2.0ppm)をお選びください。
優良業者は、デジタル測定器を持参しています。ご自身の目で確認して、納得・安心契約をしてください。
※ 2.0ppm以上は、人体への影響資料が不足していて、一般的な水素水として存在できません。(日本水素水振興協会)

testscore

水素水の生成メカニズム比較

注入水素水
(一般販売水素水)

充填方式で、各社のミネラル水に水素を直接加圧注入させている水素水です(要アルミパック)。
安定した品質を保てますが、水素の抜けが早く、十分な量(1ℓ)を補給するにはコスト高となります。
また、表示されている水素水濃度は充填時のものであり、飲む時のものではありません。(平均1.0ppm)

電解水素水
(サーバー式水素水)

電極の2極分解方式で、マイナス極のアルカリ水に水素が含まれ、アルカリ還元水と呼ばれています。
水素濃度が低く、水素生成に1時間程度要します。また、もう1極の酸性水を捨てなければいけません。

ナチュラル水素水
(水素水JOY WATER)

ココナッツパウダーと自然界鉱物によるフィルター方式であり、水素生成は5分程度です。天然ミネラルを保ち、健康に良いアルカリと水素の調和により、美味しい水と高濃度水素水を実現しています。
フィルター交換を要しますので、レンタル専用となっています。(特許申請中)

osusume

化学反応水素水
(簡易生成式水素水)

金属(マグネシウム)内蔵スティック等で、水と化学反応を起こす際の水素をペットボトルやコップの水に溶存させた水素水です。
他に、亜鉛・シリカ・カルシウム使用の商品もありますが、化合物を飲むことになります。